LANケーブル最大200メートル可能の新商品

ネットワークカメラ・IPカメラでPoE給電ハブを利用するとき、これまでは通信距離PoE給電距離としてのLANケーブルの長さは100m以内に抑えなければなりませんでした。
しかし、合同会社エレックスシステムが2017年8月1日に発売した新商品はLANケーブル最大200m(LANケーブル条件有)まで通信・PoE給電が可能となっています。
つまり、これまでと違って、工場などのように平面に建物が大きい場所などに便利となります。
これはITを担当する会社関係者にとっては朗報だと思いますね。
今まで不可能だったことが実現できるようになりますし、無駄なコストも省くことができます。
しかも、こちらは保証が2年ついているので、万が一のときでも安心なのがいいです。
もし、今までのLANケーブルの長さに不満があるときは、200m可能ネットワークカメラPoE給電ハブがお勧めですよ。

PoE給電・通信距離最大200m迄可能な4ポートPoE給電ハブの新商品(2017年8月1日発売開始)のご紹介です!
ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
フリーエリア
ブログ広告ならブログ広告.com

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード