新日本法規出版株式会社が、日本経済新聞による第12回「企業法務・弁護士調査」総合ランキング税務分野第1位の鳥飼重和著の『法的思考が身に付く 実務に役立つ 印紙税の考え方と実践』2,484円(税込)を5月15日(月)に発行しました。
この本は判断の難解な印紙税実務を多くの事例をもとに分かりやすく解説してくれると評判になっているものです。
個人的には印刷税って、200円と少額だし、それほど気にするものなのかな?と思っていたのですが、それが会社の売上4億円を無駄にするとなれば話は別です。
まさにちりも積もればというやつで、ちょっとした衝撃の事実というものでした。
しかし、印刷税って意外にもまともな専門家がほとんどいないんですね。
なるほど、今まで印刷税の重要性に気が付かなかったわけですよ。
この本はそんな印刷税についての色々な知識が載っているのでかなりお勧めですよ。
購入者特典無料印紙税セミナーが東京と大阪で開催されますからお得です。

200円の印紙税が会社の売上4億円を無駄にする!?  『法的思考が身に付く 実務に役立つ 印紙税の考え方と実践』鳥飼重和著、(株)日本経営税務法務研究会編集を5月15日(月)発行
ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
フリーエリア
ブログ広告ならブログ広告.com

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード